小学校受験対策のための幼児教室の比較方法

小学校受験対策のための幼児教室の比較方法 小学校受験を考えた幼児教室選びでは、やはり過去の合格実績がもっとも重要なポイントになります。
いくら素晴らしい理念を持って指導を行っていても、実際に合格者を排出できていないのでは目的を達成するのが難しくなります。
過去の合格実績は幼児教室に聞けば確認できますので、決める前に必ずチェックしておきたいポイントです。
比較すべき点は他にも色々ありますが、家計面を気にするのであれば料金はできるだけ抑えるのが良いでしょう。
内容的には同じような指導が行われていても、料金にかなり差が出ることもあります。
数か月程度ならそれでも構いませんが、受験まで数年ほど通うことになると、その差はかなり大きなものになります。
受験校の特色を踏まえ、思考力を鍛えた方が良いのか、ペーパーテスト対策を完璧にした方が良いのか等が異なりますので、受験校に合った幼児教室にすることも大切です。
志望校別のお勧めの幼児教室を調べると、ピッタリの所が見つかります。

小学校受験対策として幼児教室にかかる費用は

小学校受験対策として幼児教室にかかる費用は 私立の有名小学校受験を考えている場合に気になるのがその費用と言えるでしょう。
幼児教室の月謝を含めて、1年間でトータル230万円くらいが相場です。
その内訳が塾や教室代、季節購入費用、模擬試験の代金などがあり、その他にも受験の際に着る洋服や写真代などがかかります。
ちなみに大手の幼児教室の場合は月に3万円から5万円程なので、それだけで1年で35万円から60万かかる計算です。
さらに小学校受験対策の教室だけではなく、絵画教室や体操教室などにも通わせているという親も少なくありません。
その料金も別途かかりますし、季節の講習は夏や冬にあって両方受けると30万円から40万円程必要です。
模擬は月1万円から2万円くらいで、オプションとして追い込み時期の学校別対策コース、面接対策、願書の書き方指導などを行っている所もあります。
選ぶオプションや幼児教室により料金は大きく異なりますが、平均すると年間30万程と言われています。

新着情報

◎2021/4/14

幼児教室でIQアップは可能?
の情報を更新しました。

◎2021/2/14

預かりと学習が同時にできてお得
の情報を更新しました。

◎2021/1/14

サイト公開しました

「幼児教育 小学校」
に関連するツイート
Twitter

早く始めることにはメリットしかない 早い時期から幼児教育を始めるメリットは、もしその幼児教育のやり方が子供にどうしても合わなかったときに、小学校入学までに時間があるので他のやり方に変える余裕が親にも子供にもあることです。

【H29学校教育指導方針】 幼児教育小学校教育の円滑な接続について ○幼児教育小学校教育が「連続性・一貫性」のある教育となるためには何が必要か? 接続カリキュラム

たまたま読んだブログで「幼児教育無償化で月10万近くを払わなくてよくなった家庭が小学校受験に課金できるようになったから小受人口増えるんじゃないか」って書いてた。そうかもねぇ 少なくとも習い事人口は増えてそうだよねぇ

【H29学校教育指導方針】 幼児教育小学校教育の円滑な接続について ○幼児期から児童期にかけては,学びの基礎力を培う大切な時期であり,( )を見通し,連続性・一貫性のある教育を行う必要がある 互いの教育

返信先:他1人小学校の教師よりは幼稚園の教師の方が、小学生高学年ぐらいまででも対応はうまいしできてるんじゃないかなっていうのが私の感想です。教師は勉強教えられるけれども、発達について考えると幼児教育の教諭の方が優れた人が多いような気がします。