幼児教室でIQアップは可能?

幼児教室でIQアップは可能? IQは生まれた時からあらかじめ決まっていて、伸ばすことは難しいと一昔前までは考えられてきました。しかし、現在では幼児教室でIQアップを図る取り組みが増えています。伸ばすためのコースもたくさん存在していて、例えば100種類を超えるような考えるおもちゃを用意し、知能のどの部分を刺激するのかなど、細かく目的を持たせているのが特徴です。
図形に強い子や記憶力が高い子、数が苦手な子や発想力にたけているパターンなど、子どもに合わせた授業内容を毎週決めていく柔軟性があれば、アップさせることは十分可能です。幼児教室で、ただ考えることを子どもたちに要求しても、なかなか狙い通りにはいきません。知りたい・学びたいと子どもたちが能動的に発する探求反射や、模倣反射を上手に引き出して、興味や思考意欲を刺激するのが賢いやり方です。それは違うと否定するのではなく、このようにしたらうまくいくのではないかとヒントを与えて子ども自身に気づかせたり、考えさせる授業が展開されれば、集中力や持続力とともに知能指数も良い方向に変化していきます。

運動を取り入れている幼児教室

運動を取り入れている幼児教室 幼児教室の中には、運動を取り入れているところがあります。幼児期は神経系が大きく発達する時期なので、様々な動作の土台を作るのに最適です。跳ぶ・蹴る・投げる・走る・くぐる・ひねるといった動作を行うことで、バランス感覚を身に付けられたり体の動かし方の基本を身に付けられます。子どもの体力を向上させるだけではなく、集中力や自ら考える力を育むことにも繋がります。
人の体の神経系の発達は、5歳までに80%が完成すると言われています。そのため幼児期は非常に重要な時期といえるでしょう。また、幼児教室ではプロが教えてくれるので、安全面にも配慮されています。小さいお子さんが体を思いっきり動かす時にはけがをしないか心配になることも多いですが、安全に配慮した環境で運動を行うので大きなケガをするような心配はありません。幼児教室には先生の話を良く聞いたり、挨拶をするといった礼儀作法などを身に付けられるというメリットもあります。

新着情報

◎2021/4/14

幼児教室でIQアップは可能?
の情報を更新しました。

◎2021/2/14

預かりと学習が同時にできてお得
の情報を更新しました。

◎2021/1/14

サイト公開しました

「幼児教育 IQ」
に関連するツイート
Twitter

今日の発達系心理学の備忘録。 兄弟研究では長子のIQが最も高い。 それ以外の子は長子より社会性のポイントが高く、IQの差を社会性で埋めているろと考えられている。

大人になってみたら幼き頃のIQの高さなぞ微塵も感じさせない普通の人で、唯一残ってるのは『コンビニでボンゴレパスタのあさりが一番多く乗ってるやつが見た瞬間わかる』くらいなので、幼児教育の敗北をなんとなく自分自身で感じてしまうなど🙄

そういえば、幼児教育って令和な世の中でも存在するのかな🙄? 私、それこそ幼稚園入る前まで幼児教育(スプラッシュカードとか)受けてたみたいでIQ高い‼️とか親は喜んでたが、幼き頃はデパート床の模様の石の数(四角い面に丸い石が埋まってる系)が見た瞬間わかるという特技があり→

返信先:あなたのご存知の通りIQはそんな高くないです笑笑 自分の大学の先輩が幼児教育学科の人なんですけど、その人がIQが20以上離れてる人とは会話が成り立たないんですって!

“【パパママ】IQ・EQ高めよう!幼児教育について語るルーム🎓🌸ランチタイム🍽宮口先生の記憶術講座〜” with