このサイトでは小学校受験するなら、幼児教室に行くのがおすすめの理由をご紹介します。
小学校入学前の幼児を対象にしている教室で、知育を目的にした教室や外国語の習得などを目的とした教室です。
運動能力のアップを目的とした教室などもあり、コミュニケーション力や表現力、協調性などを高める効果を期待することができます。
早い時期から教室に通わせることによって、いろいろな分野に対して興味を持つことができるでしょう。

小学校受験するなら幼児教室に行くのがおすすめ

小学校受験するなら幼児教室に行くのがおすすめ 幼児教室にはいくつか種類があり、知育系や言語系、運動系などの教室です。
知育系の場合、文字の読み書きを習ったり友達と遊んで協調性や社会性などを身につけられます。
言語系の場合、英語や中国語などの外国語の習得語をターゲットにしていて、学習時期が早いほど耳が慣れていき習得も早くなるでしょう。
運動系の場合、水泳やリトミックで体を動かしながら運動能力を高めることが可能です。
さまざまな遊びや運動などを通して、子供の探求心や好奇心などを育むことができます。
クラスメイトや先生と関わりの中で、協調性や社会性なども身につけていくので、幼児教室で学ぶことは小学校受験に役立つでしょう。
小学校受験の場合、学習能力を見る内容より指示されたことが実践できるかや、運動が行えるといった一般的な能力をチェックされることが多いです。
受験対策教室では受験に特化したカリキュラムで進められるのでおすすめです。

小学校受験を目的にした幼児教室の学費の金額

小学校受験を目的にした幼児教室の学費の金額 良い環境で勉強をさせたいと小学校受験を目指している人も多いですが、そのために対策を行っている幼児教室もあります。
一言で幼児教室といってもいろいろありますが、教室ごとに学費の金額や教育方針、教育プログラムなどは大きく違ってきます。
子供よって合う合わないがあるため、学費だけで決めずに子供の性格や家庭の方針に合った教室を選んでいくことが重要です。
大手の幼児教室の金額の内訳としては入学金に約80000円、1ヶ月の授業料40000円〜60000円程度となっています。
2年間通うと考えると約120万円ほどの費用が必要です。
それに加えて夏期講習などの特別講習や模試などもオプション料金として発生します。
さらに、志望校別のクラスや苦手対策、選抜クラスなど受講することも可能となっていて、これらを利用すると別途費用が求められます。
他の幼児教室も、入学金に60000円、1ヶ月の授業料に37000円程度かかるところもあります。
志望校に合わせた受験対策コースのほか、体操コースや芸術コースなどの特別コースも用意されていて、これらのコースを選ぶとまた別の費用が必要となってきます。
教材などの金額も総合的に考えた上で、予算にあった教室を選ぶというのも続けていくためには大切です。

幼児教室の最新情報をもっと

幼児教室

新着情報

◎2021/4/14

幼児教室でIQアップは可能?
の情報を更新しました。

◎2021/2/14

預かりと学習が同時にできてお得
の情報を更新しました。

◎2021/1/14

サイト公開しました

「幼児教育 受験」
に関連するツイート
Twitter

本質を見る訓練って、やっぱり子どもの頃から美しいもの、優れたものに触れて感覚を養う以外にはないんじゃないだろうか。 幼児教育や小学校受験に意味があるとしたら、その一点な気がする。シュタイナー育ちの思い込みかもしれないけど🤔

自治体の小学校の説明会。 受験の準備をしていることがとてもプランなんだと改めて実感。 勉強偏重になりすぎない幼児教育、自己肯定感を育むため、人な役に立つお手伝いをさせるなど。公立小向けの説明会も馬鹿にできない。とてもよかった。

返信先:

幼少期の受験は親としての葛藤もある。我が子のためを思って始めたことだけど、無理させちゃってるかな?負担かけちゃってるかな?って。外から見たら「親のエゴ」で終了かもしれないけど、受験させる・させないは親として悩み抜いた結果。外野がとやかく言うことじゃない。

【絵本の読み聞かせの効果】 絵本の読み聞かせは子どもの幼児教育に絶大な効果があります。 医学部受験の学力の基礎となる「読解力」が身につきます。 何度も読み聞かせることで、子どもは絵本の登場人物に共感し、感性まで磨かれますよ。